ソフト工房文人 Topページ ソフト工房文人のご案内 業務のご案内 開発の流れ 価格について 技術者の募集
システム開発  ホームページ作成     
  システム開発の流れ   システム開発のおおよその流れを紹介します。
要求分析
ソフトウェアを作るにあたり、お客様が「何を求めているのか」を明確にします。
お客様と話し合い、どんな機能を求めているのか、どのくらいの規模で、どのような場面で使うのか、といったお客様の要求を理解し、お客様の要求を聞くだけではなく、こちらからの提案なども行い、また、実現可能かどうかも判断します。

技術面、開発予算、開発期間などの条件から、作ろうとするソフトウェアの概要を導き出し、お客様の要求をどこまで実現できるのかを決定します。

ここまでの決定事項を、「開発計画書」にまとめ、この時点で、御見積りをお出しし、お客様の了解が得られれば、次のステップへと移ります。

この時点で、初めてのお客様は、開発費用の半額程度を着手金として頂戴いたします。
設計
開発計画に基づき、作成するシステムの以下のような全体像を設計します。
・機能
・インタフェース
・大まかな概要
・ハードウェア等の構成(マシンスペック、OS、DB 等々)
・プログラミング言語

以上を決定し、以下の仕様書を作成します。

・基本仕様書(外部設計) システム概要、ハードウェア/OS等々、
・機能仕様書(内部設計) 機能、画面構成、プログラム構成等々、
・詳細設計 実際のプログラムの構成/ユーザーインターフェース等々、

また、開発後の手直し、不具合修正に対応するために、プログラム開発後(もしくは、開発と並行して)、関数仕様書(この関数ではどのような処理をしているかなどを記載、実際のプログラムソースにコメントとして記載する場合もある)のようなものを作成しておく必要があります。
コーディング
実際のプログラム作成を行います。

コーディング → 実行 → 動作確認 → (不具合があれば修正 → 実行 → 再確認・・・・) → 完成

以上の作業を繰り返し、不具合を修正しつつ、プログラムを仕上げて行きます。
試験
試験には以下のような試験があります。

単体試験
 システムを構成する部品一つ一つの試験です。

結合試験
 単体試験を終えたプログラムを結合させて、機能を試験します。

総合試験
 実際の運用環境で、システム全体を試験します。

上記の試験については、試験仕様書(正常な動作を規定している)を作成し、試験項目一つづつチェックしていきます。

ここで不具合が見つかれば、プログラムを修正し、再度、試験を行い、この作業を繰り返し、システムを完成させて行きます。
リリース(納品)
要求分析、設計、コーディング、試験とステップを進めて、システムが完成し、納品となり、お客様に確認(試験)して頂きます。

システム(プログラム)とともに、操作説明書なども納品します。
運用・保守
運用に関わるご質問等への対応などを含め、納品後もしっかりとフォローさせて頂きます。
また、万が一、納品後に不具合が見つかりましたら、当然、修正いたします。
Office : 〒663-8004 西宮市下大市東町17-6 T-1レジデンス 201 TEL/FAX 0798-52-7017     
All Rights Reserved. Copyright (C) 2011 Computer-Software Atelier Bunjin